2014年07月21日

ホンダ、「フィット」で相次ぐリコールの代償

1:2014/07/16(水) 10:26:02.22 ID:

「4回もリコールを繰り返すとお客さんの信用をなくす。
しっかり時間をかけてテストできなかったのか。もっといいクルマを作ってよ」――。
東京都内のホンダ系ディーラーの社長は、さすがにあきれた口ぶりで嘆く。

ホンダは、7月10日、コンパクトカー「フィット」と小型SUV「ヴェゼル」のハイブリッド車(HV)について、
意図しない急発進などを起こすとしてリコール(回収・無償修理)を発表。さらに11日には、
自動パーキングブレーキ動作が使用条件によって危険な場合があるとして、
改修するサービスキャンペーン(リコール制度の対象ではない無償修理)も発表した。
不具合の原因は、いずれもエンジン制御プログラムの不具合だ。

リコールの対象は、これまで販売されたすべてにあたる17万5356台。ホンダによると、
前者の急発進では11件の物損事故、後者の自動パーキングでは1件の人身事故があったという。

3回のリコール後も20件以上のトラブル

フィットのHVがリコールを発表するのは実に4回目(発売時期の関係でヴェゼルは2回目)。
昨年10月、12月、さらに今年に入って2月にも、急発進等の現象でリコールをしている
(関連記事「ホンダ『フィット』に不具合が多発する理由」)。
このときの原因は、いずれもトランスミッション(変速装置)の制御プログラムの不具合で、やはり販売した全車両が対象となった。
3回目のリコールの際には、車両の生産・出荷停止、販売在庫の顧客への引き渡し中止など、異例の対応に追われた。

ところが、3度にもわたるリコールにもかかわらず、その後も急発進等のトラブルの情報は絶えなかった。
国土交通省が公表している利用者からのトラブル情報「自動車の不具合情報ホットライン」に報告されているものだけでも、
3度目のリコール後にもエンジン・トランスミッション関連のトラブル情報が20件以上もある。
これらすべてが車両の故障によるものとはいえないが、報告件数や内容は2月のリコール前後であまり変わっておらず、
トラブルが終息していなかったことがうかがえる。

過去3回はトランスミッション制御プログラム、今回はエンジン制御プログラムと、プログラムの種類は異なるものの、
不具合として発生する現象はいずれも急発進等とほとんど同じ。「前回までのリコールで原因を明らかにしたと考えていたが、
結果的には原因究明が不十分で今回の不具合(エンジン制御プログラム)を見つけられず、申し訳ない」(ホンダ広報部)と話す。


東洋経済オンライン  7/16
http://toyokeizai.net/articles/-/42635

続きを読む
posted by SEAMAN at 00:28| 千葉 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「2年2カ月ぶりに増加」と発表していた基本給、上がっていませんでした…5月基本給、下方修正し「増減なしの横ばい」に

1:2014/07/19(土) 12:57:58.25 ID:

 厚生労働省は18日、5月の毎月勤労統計調査(従業員5人以上の事業所)の確報を発表し、基本給などの所定内給与が1人当たり
前年同月比0・2%増としていた速報段階の数値を下方修正し、増減なしの横ばいだったと発表した。金額は24万1375円。

 所定内給与の前年同月比は下落傾向が続き、5月の速報段階では2年2カ月ぶりに増加したと発表していた。

 厚労省は、基本給が底を打ったかどうかについて「6月以降の数値を見なければ分からない」としている。確報ではパートなどのデータ
がより多く反映されるため、速報は下方修正されることがある。

ソース(中日新聞・共同通信) http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014071801001458.html

関連スレッド
【経済】基本給、2年2カ月ぶりに0.2%増、勤労統計…ただし物価変動の影響を加味した実質賃金は3.6%下落[07/02]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1404228606/

続きを読む
posted by SEAMAN at 00:21| 千葉 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。