2015年02月03日

アギーレ監督を解任 大仁会長「大変残念な結果」

1:2015/02/03(火) 17:57:01.61 ID:

 日本サッカー協会の大仁邦弥会長(70)は3日、都内の同協会で会見を開き、ハビエル・アギーレ日本代表監督(56)の解任を発表した。
大仁会長は「我々としては大変残念な結果となった。日本代表のことを考えなければならない」と話した。

 3日、午後2時に大仁会長がアギーレ氏本人に解任を伝えたという。会見には同協会の三好豊法務委員長も同席した。

 アギーレ監督はスペイン1部リーグ・サラゴサ監督時代の2011年5月に、1部残留をかけたレバンテ戦で八百長に関わった疑惑が持たれていた。

 スペインの複数メディアではこの日までに、同国の検察局が提出した告訴状をバレンシア地方の裁判所が受理したと報道。
また、地元紙アス(電子版)は2日、事情聴取が今月25日から始まると報じた。

 大仁会長によれば、協会では2月2日の夜に告発状が受理されたことを確認したという。後任については
「3月の試合に間に合わせたいと思うが、それに合わせて(人選を)このへんにということはしない」と話した。

 さらに解任に当たって、アギーレ監督に対する違約金について同会長は「条件については合意しています。
内容は守秘義務があるので明かせませんが、違約金という形ではない」と説明した。

 今回の八百長疑惑ではアギーレ監督を含めて当時の選手、スタッフら40人超が告訴されているという。

 大仁会長はアギーレ監督の解任発表について「私共が一番考えなくてはいけないのは、日本代表チームへの影響です」と話した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150203-00000067-dal-socc

★1 2015/02/03(火) 17:04:53.51 ID:???*
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1422952416/

続きを読む
posted by SEAMAN at 18:31| 千葉 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UVライトはダニ死滅に効かない?・・ふとん専用クリーナー「レイコップ」vs.「ダイソン」の行方

1:2015/01/19(月)18:56:30 ID:

ふとんクリーン「レイコップ」vs.「ダイソン」の行方〈週刊新潮〉

 テレビや家電量販店で目にしたことがあるだろう。韓国の医師リ・ソンジン氏
開発のふとん専用クリーナー「レイコップ」。紫外線(UV)照射の“光クリーン”、
毎分4000回の振動パッドでダストをたたき出す“たたき”と“吸引”で、ダニなどの
ハウスダストを90%以上除去するのが売りで、

「日本での本格販売は2012年2月からですが、昨年8月までに国内で累計販売200万台を突破。世界24カ国で販売しています」(レイコップ・ジャパン)

 という大ヒット商品だ。

 だが、“UV”や“たたき”は効かないと、その効果を疑問視する声も多い。レイコツプ・ジャパンは、

「3つの機能が合わさって効果があるので、それぞれを切り離して論じられても意味はない」

 と説明するが、家電専門誌『家電批評』14年9月号は徹底検証を行い、〈レイコップは只の掃除機〉
と結論づけたほどなのである。

 そこに切り込んだのが、イギリスのダイソンだ。13年9月発売の「DC-61」は充電式ハンディクリーナーだが、
パンフレットやCMでは、“UVライトはダニを死滅させるのに有効ではない”
“ベッドや布団に振動を与えても、ダニをたたき出せない”と、「レイコップ」を挑発するような言葉が躍る。

続き Yahoo!/BOOKS&NEWS 矢来町ぐるり
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150119-00010003-shincho-bus_all

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 11◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1420949356/386

続きを読む
posted by SEAMAN at 16:23| 千葉 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後藤さん妻、総選挙12日前に外務省から口止め工作を受けていた-イスラム国事件

1:2015/02/03(火) 13:12:16.19 ID:

女性自身 2月3日(火)0時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150203-00010001-jisin-ent
 テロ組織『イスラム国』に人質となっていたジャーナリスト・後藤健二さん(47)の殺害が公表された。 
イスラム国を訪れたこともあるジャーナリスト・常岡浩介氏が言う。

「遺体の返還はこれまで例がありません。イスラム国は、遺体に“身代金”を払うよう要求してきたこともあります」

 殺害を受け、後藤さんの妻は、夫を「誇りに思う」との声明を発表した。妻は、幼児2人を抱えながら独立行政法人で働く、
東大大学院修了のキャリア女性だ。12月2日に夫の拘束をイスラム国からのメールで知って以来、
彼女は苦難の日々を過ごしてきた。だが、常岡さんは重大な情報を本誌に明かす。

「この12月2日という日は、衆議院総選挙の告示日でした。12月14日が投票日ですから、その12日前という状況です。
じつはこのとき、外務省が後藤さんの奥さんとシリア人の現地ガイドに、厳重に“口止め”をしていたのです」

 選挙直前に“日本人人質事件”が発覚すれば、選挙に影響が――。万一にも事件が表沙汰にならないよう、
外務省が口止めをしていたというのだ。

「奥さんは子供を守るため、もともとメディアにさらされたくないとは思っておられましたが、外務省からの“口止め工作”について、
現地ガイドがはっきりと証言しています。外務省は『後藤さんを守るためだ』と言ってきたそうですが、選挙前にこの話が出たら、
安倍首相にプラスにはなりません。譲歩して助けても、助けられなくても批判されますから。でも、
選挙前に拘束の事実が明らかになっていたら、日本政府はもっとまじめに助けていたかもしれませんね」

 政府による後藤さんの救出活動に問題はなかったのか。これからその検証が始まるーー。

続きを読む
posted by SEAMAN at 16:06| 千葉 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。