2015年02月16日

テレビ朝日は責任負わず?ヘリウムガス、12歳アイドルの“半身まひ”事故を隠蔽か

1:2015/02/16(月) 00:36:15.57 ID:

 「ももいろクローバーZ」の妹分として売り出し中のアイドルグループ「3B junior」の12歳メンバーがテレビの収録中、意識不明となる事故が起こった。
事故があったのは1月28日、「3B junior」の初の冠番組『3B juniorの星のくず商事』(BS朝日)の収録中、声が変わるヘリウムを吸い込んだ直後に
倒れて意識不明となったのだ。これを受けてテレビ朝日は2月4日になって会見を開いたが、事故から1週間もたってからの会見に“隠蔽ではないか”
と批判も巻き起こった事件だった。

 テレ朝は会見で「これまではっきりした原因の特定に至っていなかったことや、当初は早い回復が見込まれ、容体の推移を見守っていたことなどから
公表を控えておりました」などと釈明したが、このコメントこそ隠蔽を証明したものといえる。そもそも過去にはヘリウムを使用した未成年の事故や
死亡例もあり、実際に少女が使用したものは「大人用」だった。にもかかわらず、それを12歳の少女が“仕事”で使用したのだ。しかも“大人”の
スタッフの指示によって。もちろん局サイドの責任も重大だ。

 しかし案の定、同じスネに傷を持つテレビ各局の情報番組やワイドショーはこれを取り上げるはずもなく、黙殺したまま。だから、多くの人は
そんな事故があったことすら知らないのではないか。そんな中、今週の「自身」は事件を掘り下げて報じている。そこから浮かび上がってくるのが、
テレビ局の隠蔽体質と事故に対する反省なき姿だ。

 そもそもテレ朝は“少女”の実名も書かしていない。これは本人や家族の意向もあるが、すでに芸能界で活躍しているグループなのにあまりに不可解だ。
また「自身」が会見の2日後にテレ朝に少女の状況を聞いても、「状況は会見のときと変わっていません――」と歯切れが悪い回答だった。要するに
「食事をすること」はできる、しかし「意識は完全に戻っているわけではない」という状態らしい。しかも関係者によると体の半身が動かない
“まひ状態”にあるといい、また専門医師は「障害が残る可能性」も示唆している。

 問題は誰に責任があるか、だ。これまで番組収録などでタレントが事故に遭うことは度々あった。

問題は誰に責任があるか、だ。これまで番組収録などでタレントが事故に遭うことは度々あった。

しかしテレビ局、下請け制作会社、所属事務所などの力関係で責任の所在は曖昧にされることが多い。

しかし、今回は12歳の少女に後遺症が残る可能性さえある事故だ。警視庁は業務上過失傷害の疑いで関係者に事情を聞いているというが、これについて「自身」では興味深い弁護士コメントが掲載されている。

「局が制作会社に制作費を払って一任していれば、制作会社の責任が問われます」
「状況によっては、ガスを用意して渡したADも責任を問われるかもしれません」
 愕然、である。局ではなく制作会社の責任! ではテレビ局に対する責任はどうなるのか? それに関して「自身」では触れていないが、巨大資本を持つテレビ朝日に比べ、どんなに大手でも制作会社の責任となれば、賠償金の支払い能力も格段に下がる。
しかも当然ADに責任があるとしても、制作会社の雇ったバイトや派遣の可能性もある。

テレビ局の下請けシステムの元、どんどん責任がうやむやになるということだ。

 テレ朝は今回の事故で検証委員会を設置したが、その委員長は同社の常務。
これでは本当の責任の所在や原因などの解明、今後の事故防止などはなから期待できそうもない。

12歳のアイドルの卵に最大限の治療と、回復を祈りたい。



http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150212-00010005-cyzowoman

>>1-10に続きます。

続きを読む
posted by SEAMAN at 03:22| 千葉 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。