2015年02月17日

【ISIL】「エジプト人キリスト教徒21人を斬首」 映像公開  エジプト大統領は「報復」表明

1:2015/02/16(月) 13:50:22.24 ID:

◇シシ大統領、「報復」表明

 【カイロ秋山信一】イスラム過激派組織「イスラム国」(IS=Islamic State)は、リビアで誘拐した
キリスト教徒のエジプト人21人を一斉に殺害したとする映像を15日、インターネット上で公開した。
エジプト政府は殺害の事実を確認した。シシ大統領は15日夜、国営テレビで「非道な殺人だ。適切な
時期に適切な手段で報復する権利がある」と述べ、報復を表明した。

 ISが、シリアやイラクの支配地域以外で、誘拐した多数の外国人を一斉に殺害したのは初めて。
中東屈指の軍事力を誇るエジプトは、米国主導の対ISの空爆などの作戦には参加していないが、
事件を契機に国外で軍事行動に踏みきる可能性がある。

 殺害されたのはキリスト教の一派、コプト教の信者たち。リビアへの出稼ぎ労働者らで、昨年12月から
今年1月の間に誘拐されたとみられる。

 映像はIS広報部門のロゴ入りで約5分間。首都トリポリ近くの地中海沿岸だとされる場所で、オレンジ色の
服を着た人質が一斉に殺害される場面が映っている。ISの分派「ISトリポリ州」の戦闘員らしき男が英語で
「お前たち十字軍に平安な場所などない」と述べた。

 ISは、2010年にエジプトでイスラム教への改宗を妨害され、コプト教会で拷問を受けた中部ミニヤ県の
女性の報復だと主張。コプト教会は女性の拘束や拷問を否定し、「保護している」と説明していた。

 エジプトはイスラム教徒が多数だが、コプト教徒と共存してきた歴史があり、人口の約1割はコプト教徒。
今回の映像公開は、リビアでの勢力誇示や、エジプトでも影響力を伸ばしたい思惑があるとみられる。

 リビアでは11年にカダフィ独裁政権が崩壊した後、反カダフィ派が世俗派やイスラム主義者に分裂し、
武力闘争を続けている。ISは混乱に乗じて、東部デルナや中部シルトに進出し、訓練キャンプも設置。
豊富な石油資源を狙っているとの見方もある。今年1月に外国人5人を含む9人が死亡したトリポリの
高級ホテル襲撃事件でも犯行声明を出した。

 一方、エジプトでも東部シナイ半島を拠点に別の分派「ISシナイ州」が活動しており、エジプト軍が
掃討作戦を続けている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150216-00000011-mai-int

http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1424054681/
投稿日:2015/02/16(月) 07:24:32.39

続きを読む
posted by SEAMAN at 03:49| 千葉 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。