2015年06月16日

『ガンバの冒険』復活!今回は3DCGで映画を作成

1:2015/05/08(金)07:52:54 ID:

「ガンバの冒険」のタイトルでテレビアニメ化もされた斎藤惇夫さんの児童小説の名作
「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」(岩波書店)が劇場版3DCGアニメ化され、
今年10月10日に公開されることが8日、明らかになった。
同著が劇場版アニメになるのは24年ぶりで、
タイトルは「GAMBA ガンバと仲間たち」。
構想15年、総製作費20億円を費やしたビッグプロジェクトで、
「ALWAYS 3丁目の夕日」や「STAND BY ME ドラえもん」などを手掛けた
映像制作会社「白組」が製作を担当。
脚本はドラマ「リーガルハイ」などで知られる古沢良太さんで、
アニメーション作品の脚本に初挑戦する。

 「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」は、
イタチと戦う島ネズミを助けに、ドブネズミのガンバと仲間たちが夢見が島へ向かい、
大冒険を繰り広げる児童文学の名作。
1975年にテレビアニメ化され、1984年に「冒険者たち ガンバと7匹のなかま」、
1991年に「ガンバとカワウソの冒険」として2作の劇場版アニメも公開され、
ミュージカル化もされている。

(中略)

本編とエンドロールで90分程度の作品になるといい、
キャスティングについては俳優・声優を含めて現在検討中という。
旧アニメ版の声優が参加するかどうかについて配給元の東映関係者は「否定はしない」としている。
また、北米でも公開される見通しで、米国版は配給会社が決定次第キャスティングに入るという。


詳細は毎日新聞デジタル・MANTANWEBでお読みください。

ーーー以下オリジナルーーー

3Dデジタル処理と言うところに不安感満載です。
さてどうなりますか。
イタチの「のろい」は、3Dでも回り込みが在りそうな予感。
声優、考え方はいろいろあるだろうけど、新しい人を使ってほしいな。
制作が白組。確かテレビの放映も日本テレビ系列だったし、主軸は日本テレビ系列か?

続きを読む
posted by SEAMAN at 07:49| 千葉 🌁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安保法「砂川判決引用は珍妙」憲法学者、政府の矛盾突く ?「最高裁が違憲と言わないからといって、政治部門が違憲の法律を作っていいことにはならない」

1:2015/06/16(火)04:22:35 ID:

 重大な欠陥がある法案は撤回されるべきだ――。集団的自衛権の行使を盛り込んだ
安全保障関連法案について、国会参考人として「違憲」と指摘した憲法学者2人は
15日の会見で、改めて政府・与党の姿勢を厳しく批判した。
法案を審議する衆院特別委員会でも、野党側は政府が唱える「合憲」の理屈に的を絞り、攻勢を強めている。

 安保法案の違憲性を指摘した長谷部恭男・早大教授と小林節・慶大名誉教授が15日 の会見でまず批判したのは、政府が9日に出した反論見解で、砂川事件の最高裁判決を
集団的自衛権行使の論拠とした点だった。

 政府見解は「憲法は国の存立を全うするために必要な自衛の措置をとることは禁じて
いない」とし、「自衛」のための集団的自衛権行使の正当性を強調。この部分は砂川判
決と「軌を一にする」と主張した。
法案の与党協議を主導した自民の高村正彦副総裁も11日の衆院憲法審査会で「憲法
の番人である最高裁判所が下した判決こそ、我々がよって立つべき法理」と強調した。

 これに対し、長谷部、小林両氏はいずれも「砂川判決では日本の集団的自衛権は
問われていない」と指摘。長谷部氏は「わらにもすがる思いで砂川判決を持ち出して
きたが、国民を愚弄(ぐろう)している」と断じ、小林氏も「砂川判決の引用は珍妙。
判決を根拠にする発想自体、高村氏が言い出した時に初めて知ってびっくりした」と
皮肉った。

 砂川判決が、国防など高度な政治性を持つ政策について「司法審査にはなじまない」
という判断を示している点も議論となった。

 自民が「憲法に合致するかどうかを判断するのは裁判所ではなく内閣と国会」と
主張していることに、長谷部氏は「最高裁が違憲と言わないからといって、政治部門
が違憲の法律を作っていいことにはならない」と批判した。
小林氏も「国会と内閣の法判断に一時的に委ねるだけで、最終的には国民が決める」
と指摘した。

 新たな安保法制で、戦争中の他国軍への後方支援の範囲や内容が拡大することに
ついても、長谷部氏は「弾薬の供与や発進準備中の航空機への給油は、外国軍隊の
武力行使との一体化そのものではないか」と指摘。
小林氏も「後ろから戦争中の部隊に合体するという話だ」として、いずれも憲法違反
に当たる恐れが高いと批判した。

◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
(全文閲覧するには、ログインが必要です。)

朝日デジタル 6月16日付け
http://www.asahi.com/articles/ASH6H5F86H6HUTFK01F.html?iref=comtop_6_01

関連記事
【集団的自衛権】高村正彦副総裁「憲法の番人は最高裁判所であり、憲法学者ではない」〜憲法審査会における参考人三名の憲法学者のうち、一人として砂川判決に言及した方はいません。[H27/6/12]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1434115204/

続きを読む
posted by SEAMAN at 07:27| 千葉 🌁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、橋下氏の国政進出に期待感 自民・維新、安保法制で修正協議も

1:2015/06/16(火)06:51:49 ID:


 安倍晋三首相は14日夜、都内のホテルで維新の党最高顧問の橋下徹大阪市長ら
と約3時間にわたり会談した。

首相は安全保障関連法案の成立に向けた維新の協力を要請。橋下氏は法案への賛否
は明言しなかったが、審議引き延ばしなどの日程闘争は行わない考えを示した。

会談には菅(すが)義(よし)偉(ひで)官房長官、維新顧問の松井一郎大阪府知事
が同席。橋下、松井両氏の国政進出も話題になり、首相は期待感を示したという。

(中略)

 松井氏は15日、都内で記者団に、首相が一定の理解を示してきた都構想について、
「よくここまできた」とねぎらいの言葉があったことを明らかにした。
首相が「政治家・橋下徹への期待感はあるんじゃないか」と述べたことも紹介した。

 会談では、憲法改正の必要性で一致したほか、安保関連法案や、維新が早期採決に
賛同した労働者派遣法改正案の扱いなど国会運営についても意見交換した。
菅氏は15日の記者会見で、「(維新の)是々非々の立場はまったく変わっていない」
と語った。

 会談を受け、政府・自民党は維新との間で安保関連法案の修正協議を行うか検討に
入る。

◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ

産経ニュース 6月16日付け
http://www.sankei.com/politics/news/150616/plt1506160008-n1.html

続きを読む
posted by SEAMAN at 07:23| 千葉 🌁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。