2014年03月31日

「アベノミクスはアホノミクス」「アベノミクスは人間不在」…アベノミクスを語る、千葉市で浜矩子・同志社大教授の講演会

1:2014/03/30(日) 08:19:22.43 ID:
 本紙でコラム「時代を読む」を連載中の浜矩子同志社大教授が二十九日、千葉市中央区の市文化センターで、アベノミクスに
まつわる金と政治について語り、市民百四十人が耳を傾けた。講演会は市民ネットワーク千葉県が主催した。

 浜教授はアベノミクスについて「アホノミクスで何のミクスと呼ぶに値しない」と言い放った。その理由を「経済活動は、人間が
幸せになることを追求するものだが、アベノミクスは人間が不在だ」と説明。

 さらに日本経済を出来の悪いホットプレートにたとえ「熱の伝わり方に差がある。経済の恩恵を受ける人が限られている」と
述べた。

 浜教授は今後の日本経済が目指すべき方向として「シェアからシェアへ」を挙げた。「市場の奪い合いから分かち合いへと
変えなければいけない」。「成長戦略でなく成熟戦略が必要。貧困率を下げる政策をとるべきだ」と指摘した。

ソース(東京新聞) http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20140330/CK2014033002000129.html
写真=アベノミクスの問題点について語る浜矩子さん

3:2014/03/30(日) 08:23:41.80 ID:
・・・・でっ、いつ円が¥50になるの?

4:2014/03/30(日) 08:24:52.21 ID:
要は貧困の悲惨さが目に余るようになり、見なくないものを見ないようにするという政策だな。
保護すべき対象と保護すべきでない対象を分けられない人の発想。
見たくないし考えるのも面倒なので皆一緒に貧困を教授しましょうという政策を支持することは出来ない。
なんの教授なんだこの人。

5:2014/03/30(日) 08:26:32.14 ID:
この化け物の面をわざわざ見に行ったのか140人もwww
夜中にうなされて大変だったろうなwwwww

6:2014/03/30(日) 08:26:55.24 ID:
もういい加減にクタバレよ紫ババァー、机上の空論じゃ何の役にも立たないw

7:2014/03/30(日) 08:29:49.29 ID:
素顔を見せろ! 特殊メイク

8:2014/03/30(日) 08:30:31.21 ID:
言葉尻を取るようになっては

もう民主党末期と同じだな。

9:2014/03/30(日) 08:35:32.67 ID:
出たな妖怪紫ばばあ

10:2014/03/30(日) 08:35:40.23 ID:
自分の言葉の責任取ることさえ無視なんて


まるで民主党の徳永エリと同じだな

11:2014/03/30(日) 08:37:27.78 ID:
こんな言葉使ってちゃ、たとえマトモなこと言っても誰も耳貸さないよ。
いい歳してそんなことも知らないのか?

12:2014/03/30(日) 08:38:15.35 ID:
>「熱の伝わり方に差がある。経済の恩恵を受ける人が限られている」

まさにこれ
日経なんかはアベノミクスで景気回復とか高額商品がよく売れてるとかさかんに書いてるけど
賃上げで余裕の出た大企業の社員なんかが消費を増やしてるだけ
それ自体は構わんが、円安と消費税増税のダブルパンチの影響をモロに受ける大多数の低中所得者も
恩恵を受けられるような政策はなんにもやってない

16:2014/03/30(日) 08:45:47.99 ID:
日本人不在wwwwwwwww

17:2014/03/30(日) 08:47:45.21 ID:
一ドル50円になるって言ったエコノミスト様ですよね
で、いつ50円になるんでしょうか、エコノミスト様?

18:2014/03/30(日) 08:48:21.51 ID:
「ブルジョア権力延命のためなら非正規の人生がどうなろうと知ったことか」
という政策が日本社会を殺伐とさせている。
自暴自棄予備軍にふさわしいテキストは「マルクス」ではなく「より正しい標的一覧」。
十万人の小泉毅よ来たれ!

19:2014/03/30(日) 08:52:42.94 ID:
アベノミクスって言い出したのマスゴミ・・・w

20:2014/03/30(日) 08:55:20.82 ID:
えっ?!1ドル50円時代到来って、この人が言ってたのかw

21:2014/03/30(日) 08:56:48.35 ID:
で、いつになったら、1ドル50円になるんだwww
この嘘つき超汚染人がwww

posted by SEAMAN at 05:37| 千葉 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: