2014年06月29日

経済的ダメージが大きい犬のトップ10

1:2014/06/23(月)20:26:00 ID:

イギリスの経費比較サイト「PayingTooMuch.com」が、犬の飼い主2000人を対象にアンケート調査を行い、
家具を壊したり汚したりといった “経済的ダメージが大きい犬のトップ10” を選出した。
以下がトップ10の結果と、ペットが生涯を終えるまでに残した平均損害額を円換算したものである。

1位:チワワ (約15万円)
2位:ダックスフント (約14万円)
3位:ボクサー (約13万5000円)
4位:ダルメシアン (約13万4000円)
5位:ブルドッグ (約13万円)
6位:グレートデーン (約12万円)
7位:シベリアン・ハスキー (約11万6000円)
8位:ビーグル (約10万5000円)
9位:ポインター (10万4000円)
10位:ジャーマン・シェパード (約9万7000円)

一番体が小さいチワワが、一番大きい金銭的ダメージを与えているという皮肉な結果となった。
飼い主は、排泄物で汚れたカーペットのクリーニング代やかじられた家具の修理代、新しい家具の
購入費にかなりのお金をかけているのである。

続きはソースで
http://rocketnews24.com/2014/06/21/455323/

2:2014/06/24(火)17:50:35 ID:
しかし大型犬を庭で飼うと家賃がな…

posted by SEAMAN at 01:22| 千葉 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: