2015年06月30日

箱根山大涌谷周辺で粒子状の降下物 ?気象庁は火山活動に関連している可能性もあるとして降下物の分析などを進めている。

1:2015/06/29(月)20:23:54 ID:

箱根山大涌谷周辺で粒子状の降下物
6月29日 18時04分


29日昼すぎ、神奈川県の箱根山の大涌谷からおよそ1.2キロ離れた場所で粒子状
のものが降ったことが確認され、気象庁は火山活動に関連している可能性もあると
して降下物の分析などを進めています。箱根山では29日午前に火山性微動が観測さ
れたあと、火山性地震が多い状態が続き、気象庁は引き続き噴火警戒レベル2の火口
周辺警報を出して警戒を呼びかけています。

気象庁によりますと、29日午後0時45分ごろ、箱根山の大涌谷から北へおよそ
1.2キロ離れた上湯場付近で粒子状のものが降ったことを、現地調査を行っていた
気象庁の職員が確認しました。

また、大涌谷から東へ700メートル余り離れたロープウエーの早雲山駅周辺や北東
へ1.5キロほど離れた強羅地区でも同じころに粒子状のものが降ったという通報が
あったということです。

気象庁は火山活動に関連している可能性もあるとして現地調査を行うとともに、
降下物を採取して分析などを進めています。

箱根山では29日午前7時半すぎからおよそ5分間にわたって火山性微動が観測され、
その後、火山性地震の多い状態が続いています。気象庁の観測では火山性地震は29日 午後3時までに117回に達し、このうち箱根町で震度1の揺れを観測する地震が2回
起きています。
(中略)

箱根町によりますと、29日は午後1時すぎから、降下物に関する住民からの問い合わ
せが数件あったものの、これまでのところ特段の対応は取っていないということです。
町では気象庁の分析結果を待って、今後の対応を検討することにしています。

◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ

NHKニュースweb 6月29日付け
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150629/k10010131641000.html

2:2015/06/29(月)20:25:24 ID:
いやね、判ってからニュースにして貰えませんかねぇ・・・

5:2015/06/29(月)20:33:02 ID:
政治的理由で、箱根山が噴火したという事実の公表は
多方面への根回しが必要らしい。

他の火山であれば、300mを超えた場所まで噴出物が到達したら
噴火と発表する(気象庁自身の基準)が、
箱根ではいまだにそういう発表はない。

11:2015/06/29(月)21:59:26 ID:
気象庁は「この現象は噴火ではない」って正式発表したってさ。


政治による科学の捻じ曲げが害悪だって、
ふくいち事故で学習したはずじゃなかったのかよ。

12:2015/06/29(月)22:03:56 ID:
今回の気象庁の「噴火ではない」発表について、
複数の火山・地質学者が批判的tweetしててワロタ

13:2015/06/29(月)22:46:48 ID:
これ、おおごとにならなきゃいいけど、

もし被害出る状況になってしまったら
「自民党政権は足元の危機管理もできない」って
野党からの格好の攻撃材料にされるよ。

圧力かけてる人たち、わかってるのかな?

posted by SEAMAN at 04:57| 千葉 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。