2015年11月25日

TOYOTAは今もISILに対してクルマを供給しているのか?

1:2015/02/11(水)12:07:45 ID:




ISILの問題で過去に報じられたものだが、なぜ彼らがTOYOTA車を大量に持っているのかが問われた事があったが

米財務省がTOYOTAに対し取り調べを行ったが、トヨタは、イスラム国がどのような方法で車両を獲得したのかは分からないとしながらも、
米・財務省のテロ資金部門(西側の製品がテロ組織の手に渡ることを阻止しようとしている部門)による取り調べには協力する意向を示している。



おいおい、それからどれだけ時間が経ったんだ?

TOYOTAは本気で自車がテロ集団に使われている事を嫌がる様子もなく、相変わらずハイラックスはテロ集団の足として活躍している。

実はサウジアラビアの企業がTOYOTAの大きなディーラーとして存在する。

弊社が受けた情報では、「正規ディーラーながら違う会社名義でトヨタ車を並行輸出で第三国に横流しもしており。
そんな彼らの横流し先は、イラクやシリア等(トヨタが正規ディーラーを持たぬマーケット)で相当数の新車ランクルが彼らの手により横流しされてます。」
と、云う事だ。

この程度のことは、TOYOTA自体が事前にわかっていても不思議ではない程度の情報である。


何しろ、この会社でTOYOTAは年間25万台以上を販売してもらっている最大手の取引先なのだ。


今、日本で一番の企業になったTOYOTAはそのあり方を問い直すべき時だ。



実際には、その巨大企業には住友商事、デンソー、等と出資などに関して深い繋がりがあり、日本とは深い関係がある。






posted by SEAMAN at 21:48| 千葉 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。